自分の写真を自分でプリントできるって知ってる?

「ただ写真撮るだけでは飽きちゃった」という女性の間でフイルム写真の人気がだいぶ高まってきました。
そこから一歩さらに踏み込んだことをやりたいコアな趣味人の女性にお勧めしたいのが自分で写真を紙焼きできる、古典印画技法と呼ばれるプリント方法です。
愛好家が増え、ネットにも最近ではだいぶ情報が増えてきましたし、それのレクチャーや体験教室を催しているプリンター(いわゆる個人経営の現像所)も都内にひっそりとですが数件存在しています。「古典印画技法って何?」と思います。
代表的なのは仕上がり画面が蒼い「青焼き写真」と一般的に呼ばれるサイアノ・タイプ。ハードルを上げると坂本竜馬の写真で有名なガラス湿版などさまざまな技法がありそれによって使用薬剤も変わってきます。
作業はネガになる用紙と感光液を塗布した紙を作るところからスタート。
デジタルカラーの写真をモノクロ変換してもいいし、モノクロフィルムがあればもっと素敵ですね。そこからネガを再作成するため出来上がりは白黒写真になります。
子供の頃、理科が大好きだったというカメラ女子。面白いので是非一度挑戦してみてください。きっと一段と思い入れが深くなると思いますよ。車査定に出したけどこんなもんなの?