融合

トラディッショナルな車でありながらも、どこか革新的な雰囲気を漂わせている車、それが

シボレーのカマロです。カマロに関してですけども、2009年にフルモデルチェンジをしました。非常に伝統のある車に関してですけども、しかし、このフルモデルチェンジによって、革新的な雰囲気を漂わせるようになったということができるのではないかといように個人的には思っております。21世紀にふさわしいまするかということができるのではないかといように個人的には思っております。室内に関してですけども、2+2シーターとなっていて、カマロらしいということができるのではないかといように個人的には思っております。レトロ感と斬新なデザインが融合されているということができるのではないかと思います。パワートレーンについてに関してですけども、3.6リットル V6に加えて、6.2リットル V86AT の組み合わせがあります。これは、アメ車として本当にふさわしいエンジンの大きさではないかといように個人的には思っております。それからサスペンションに関してですけども、 V6と V8では、味つけが異なっているということができます。非常に走りにこだわってる車ということができるのではないかといように個人的には思っております。車買取は函館