広大な荷室

いくつかの国で共同開発した、国際感覚たっぷりと言える使い勝手抜群の車、

それはシボレーキャプティバです。シボレーキャプティバについてあれこれ思うことを書いていきます。シボレーキャプティバは5ドアSUV と言うタイプになっているのです。シボレーキャプティバに関してですけども SUV メーカーの代名詞ともいえるメーカーと言えると個人的には感じています。。それからこのシボレーが2011年4月に満を持して日本にデビューさせたのがこのキャプティバということができます。デザインに関してですけども、非常にダイナミックな感じがする。外観となっていて、そうしたデザインやシアター形状の三列7人乗りパッケージなどが開発されてきました。この車の開発に携わったのは北米国ヨーロッパや韓国などの GM 開発拠箇所で、共同開発となってきました。エンジンに関してですけども ECO モードつきの2.4リットル直4+6速 AT が採用されています。荷室に関してですけどもフルフラットにもなります。非常に広大な荷室ということができますけども、そのおかげで使い勝手が非常に良いということができるのではないかといように個人的には思っております。ファミリーカーとも言うことができるのではないかと思う車です。車買取は豊中